フィラリア薬を飲ませる頻度はどのくらい?

フィラリア薬とは犬をフィラリア感染から守るための薬であり、必ず飼い犬には飲ませてあげるべき薬だと言えます。しかしそんなフィラリア薬は一体どのくらいの頻度で飲ませたら良いのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。その点についてこれから説明していきます。

フィラリア薬は月に1回

フィラリア薬を飲ませる頻度は月に1回です。これ以上の高頻度であげる必要はありません。たくさんあげればその分効果が高くなる、なんていう事はありませんから、月に最高1回までしかあげないようにしましょう。また、逆に2ヶ月に1回など頻度を減らすのも良くありません。なぜならフィラリア薬の効き目というのはおよそ1ヶ月程度であるためです。効き目が切れている期間があると、そこで飼い犬がフィラリア感染する可能性があります。なので薬の効果の切れ目を作らないように、月に1度は絶対にフィラリア薬を与えてください。

フィラリア薬は7ヶ月間毎月あげる

フィラリア薬は1年中毎月犬に与える必要はありません。フィラリアというのは蚊が運ぶので、蚊が発生している季節のみ予防ができれば心配ないのです。月で言えばだいたい5月から12月くらいの間、毎月フィラリア薬をあげる事になります。1年中ではないとは言え、1年のうちでかなり長い間フィラリア薬をあげる事になるという事は是非覚えておきましょう。この時期と頻度を守るようにすれば、犬の健康をしっかりとキープしていく事ができると言えるでしょう。

フィラリア薬をあげる季節と頻度

フィラリア薬をあげる季節は蚊が発生する5月から12月の間で、月に1回の頻度であげる事になります。頻度はこれ以上でも以下でもいけません。あげ過ぎれば犬の負担になったり薬の副作用などの危険が出てきてしまいます。以下だと薬の効果の効き目が切れている間にフィラリアに感染する可能性があります。なので必ず毎月1回を守るようにしてください。

更新情報